LINE電話エッチナビゲーション

 

Twitter・Facebook・LINEは出会いのサブ的に利用するのがセフレ量産のコツ!

今や多くの日本人男女にまで浸透したと言えるソーシャルメディアやSNSの代表格であるTwitterやFacebook。メッセージングアプリの代表格であるLINEやカカオトークも王道の連絡先交換の手段として一般化しました。

 

これらのソーシャルメディアやSNSを効果的に活用する人も日本国内で急速な勢いで増えて来たと思います。

 

中には、Twitterだけを活用してナンパしたり、Facebookだけで出会いを量産している人も出てきたと言えるでしょう。

 

セフレ量産の為の出会いツールの選び方

 

私も出会いの場としてのツールやメディアの多様化はかなり昔から注目していますが、根本的な理念や方向性に関しては一環しています。

 

これだけスマホが出回り高速インターネットがモバイル環境で楽しめる現在になっても

基本的な出会いの探し方を変える必要は無い

こう考えています。

 

私は今も変わらずツーショットダイヤルをメインにして、リアル系ではテレクラとストナン(路上ナンパ)も使っています。そして、サブとして出会い系アプリ、Twitter、Facebook、カカオトーク、ソーシャルゲームなどを同時併用してセフレを量産していますね。

 

何故、このようなメインとサブに分けてコミュニケーションツールを使い始めるのかと言うと、私は間違いなくセフレを意識した

出会いの潮流はツーショットダイヤル

にあるからだと思っています。

 

このような割り切った体の関係をマッチングする出会いコミュニティーというのは、私は時代の流れに合わせて大きく移動して来てきると考えています。

 

昔なら圧倒的にテレクラでした。その当時はスマホや携帯電話すらない時代ですから当然です。

 

携帯電話やスマホが登場するとネットを絡めた出会い系サイトが一世風靡しました。

 

そして、現在。スマホの普及に加えてLINEに代表されるメッセージングアプリ。更に、FacebookやLINEなどのソーシャルメディアなどを多種多様に利用する人々の流れ・・・

 

私は今の時代だからこそ、セフレ出会いの潮流はツーショットダイヤル番組を柱として利用すべきだと思っています。

 

男女のコミュニケーションの本質は電話という古典的なツールに戻っているのです。そのバックグランド的に利用されるのがソーシャルメディアやメッセージングアプリだとおも私は考えています。

 


PAGE TOP