LINE電話エッチナビゲーション

 

ヤレる女性を手軽に探せるTwitter検索出会いは実は難しい面もある!

皆さんはTwitterを使った出会いの方は上手く行っているだろうか?私はお陰様で好調そのもの。

 

最近はBBQやら野外フェス辺りの検索キーワードを駆使して、男を欲している女を探し出している。夏といえば野外でありアクティブな遊びに飢える女が増えるからだ。

 

野外フェスやBBQ

 

LINEIDを聞き出した女は4月と5月だけで50人程度。その内、セックスまで辿り着いたのは2人だが、私的には大満足だ。何故なら、収穫時期は真夏だからである。

 

夏休みに暇な時間が出来た女を片っ端からパコる戦略だ。今から下半身を鍛えておかなくてはならない。

 

さて、このように上手く発情している女の行動キーワードを掴めば入れ食い状態が楽しめるTwitter検索出会いであるが、やはり時期によってはスランプに陥る事もある。

 

最近は逆に出会い業者などが、私みたいなTwitterナンパ師を騙そうと架空のサクラアカウントを利用しているケースも多く、出会い業者が暗躍している時期はどうも調子を狂わされる事が多いのも原因かもしれない。

 

それ以外の要因もある。これは世の中の女達と私が考える女達の行動パターンが噛み合っていない時に起こると私は分析している。

 

私は今年の正月にこのスランプを経験した。この時期は誰もがマッタリとした時間を好み、ツイートもどこかマイルドな呟きが目立った。

 

そんな中、私はヤリたい一心で

ヤリ友欲しい

 

暇だからセフレ欲しい

 

暇なう

 

ラブホ行きたい

などのキーワードを手当たり次第に打ち込み、脈がありそうな女達を次々にフォローして行ったのだが、サッパリ釣れなかった。それどころか、フォローしたら逆切れされて罵倒DMを送られた事もあった。

 

私はこの時期にとんな呟き検索をすれば女達と出会えたのか考えた。

 

積極性のある呟きより、ネガティブにエロいキーワードが良かったのか?それとも、いきなりフォローしてDM作戦が良かったのか?

 

Twitterはリアル社会だ。なので答えを模索した所で、その時の状況は二度と再現出来ないので考えても無駄なのかもしれない。

 

だからこそ、私は思う。Twitterで出会いスランプに陥った時はサッパリと諦めるのが正解なのでは?とね。駄目な時期は素直に諦めてツーショットダイヤルや出会いカフェでも利用するべきなのかもしれない。

 

出会いを求める女自体は日本からスマホが無くならない限りは一定の需要が確実にある。素直に諦めて気持ちをリフレッシュするのが正解なのだと私は思う。

 


PAGE TOP