LINE電話エッチナビゲーション

 

LINEエッチ人口と新感覚の出会いを求める子の見事な比例

LINEアプリの存在は間違い無く世界を変えた。まあ、LINE自体は元々は韓国企業が始めたサービスであるから日本初と言う訳では無いが、間違い無くユーザー数は日本人が圧倒的である。

 

LINEの凄さはとにかく、「電子メール」と言う従来のモバイル端末での必須連絡手段のシェアを奪った事にある。

 

未だに、スマホやガラケーのキャリアメールを普段使いしている人はいるだろうか?恐らくメイン利用している人は極めて少数派だと思う。

 

大抵の人は友達通しや知り合いの間ではLINEかカカオトークだろう。最近はFacebookのメッセージングアプリも使っている人が多いな。

 

しかし!キャリアメールだけを利用している何で人はゼロに等しい。数年前までは100%のに近いシェアだったのにだ!

 

この通信インフラと言っても過言では無いインスタントメッセージ市場を日本ではLINE一社が独占している状況になったのである。

 

この時代の流れでもう一つ注目して欲しい点がある。それは、無料音声通話アプリの存在である。これまたガラケー時代の主力通信手段である電話機能だが、LINEはこの電話昨日のシェアも奪ってしまった。

 

今や、スマホで直接誰かと話したい場合にガラケー時代みたいな従量課金の通話料金を支払う必要が無くなった。

 

これは、間違い無く大手通信キャリア三社にダメージを与えたと思う。まあ、今思うと一分通話するのに数十円も課金していた通話キャリアは鬼畜に思えるが。

 

つまり、スマホとLINEさえあれば今は電話もリアルタイムチャットも何時間でも無料で楽しめる時代なのである。まあ、相変わらず通話キャリアは基本料金と言うボッタクリな金額を徴収しているが。

 

もしかすると、今後LINEはこの基本料金まで無料化してしまうかもしれない。私個人的には早くそのような時代になって欲しいと感じている。

 

さて、こんな時代だからこそ我々が求める女との出会いについてもLINEの普及と動きに合わせる必要があると感じている。と言うか、既に若い女達の間ではではその現象が起こっているから、この点には注意して欲しい。

 

LINEエッチ人口と電話で出会いを求める女性の数の比例

 

まず、電子メールを利用した出会い系サイトや出会い掲示板からは間違い無く女達が流出している。何故ならメールを使ったやり取りは彼女達からして見ればウザいと感じているからである。

 

ここで問題になって来るのがLINEを使っての異性探しである。残念ながらLINEは昔に無法地帯と化した事があり、未成年の少女と出会いセックスする親父達のお陰で大規模な社会現象を巻き起こした。末期には何とLINE絡みの殺人事件まで起きてしまった。

 

その結果、今のLINEIDをネット上にも晒して出会う行為はLINE運営側が厳しく監視して切る状況なのだ。なのでLINE内で女を探すことは不可能に近いし、外部のLINEID掲示板などを使いセフレなどを募集する事もアカウント剥奪の恐れがあるので危険だ。

 

だがしかし、LINEIDは決して不特定多数の人と交換していけない訳では無い。あくまで「オープンなネット上でLINEIDを交換するケース」に対して出会い規制されるのである。

 

ならば、電話で直接ID交換をすれば良いでは無いが。この発想から今の若い女達辿り着いた出会いの場所こそがツーショットダイヤルなのである。

 

ツーショットダイヤルは基本的に不特定多数の異性が電話で会話出来る電話コミュニケーションサービスである。なので出会いの部分は全てツーショットダイヤルで行えば良い。そして、完全に二人きりな状態で楽しめる電話での雑談の中でLINEID交換をすれば、何の問題も無くLINEで出会えるのである。

 

今、LINEを使い音声エッチを楽しむ女達はゴロゴロしている。そして、凄まじい勢いでそのユーザー数ば増えている。

 

こう考えて欲しい。

 

LINEエッチユーザー数が増える事はツーショットダイヤルを使う女達の数にも比例する。

 


PAGE TOP